TAG 変化球

外野手(レフト、ライト、センター)の守備

「足が速く、肩が強い」ということが外野に必要な条件です。このように最も守備範囲が広いのが外野です。外野手は頭の回転がよく、プレーを機敏に分析できることができ、強肩でコントロールが正確であることが必要条件です。野手の全ての…

遊撃手(ショート)の守備

セカンド同様に守備範囲が広い上に、守る位置が深く打球をさばく比率が非常に多いポジションです。従って俊敏性や強い肩が必要です。加えて緩いゴロに対するすばやいダッシュ力がなくてはランナーの足に負けてしまいます。ローイングスも…

三塁手(サード)の守備

どんな強烈な打球を恐れないことがサードの条件です。グラブではなく身体で受け止めるくらいの勇猛心が必要です。さらに猛烈な当たりが守備範囲の左右を襲うことも多く、とっさに飛びつくフットワークと反射神経が必要です。また、ボテボ…

二塁手(セカンド)の守備

セカンドは守備の中心となるポジションで、内野の中で最も守備範囲が広い上に、様々な質のゴロが来ます。足の速さや小回りがきく身のこなしが要求され、さらにはランナーのスライディングなどに恐れない闘争心などが必要となります。ショ…

一塁手(ファースト)の守備

よく守備が下手な人がファーストになる・・・という話もありますが、ファーストは他の内野手の送球を確実に取らなければならない、最も送球を受けることが多い重要な役目がありますです。その他役割が多く、牽制やバントの対応、投手への…

捕手(キャッチャー)の守備について

キャッチャーというのは守備の要であり、捕手以外の野手は投手が投げるまではフェアグラウンド上に守備位置を取ることと定められているが、捕手は野手の中で唯一ファウルグラウンドに守備位置が定められており、投手や野手とは逆の方向を…

グラブ(グローブ)の正しい使い方について

「グローブは両手でしっかりとる」とよく言われますが、グローブのポケットはボールが入ってくると下にボールが抜けるような構造に作られているそうです。 そのため、ポケットで取ったボールは、すばやく抜くにはそのまま下から抜くのが…

グラブの手入れ方法について

グローブは最高級品の新品でなければならないということはありません。ボールをきちんと捕って、次の動作に素早く移れる、自分で使いやすいグラブであれば良いわけです。新庄選手が現役時代に使っていたグローブはなんと中学時代から使っ…

綺麗なグローブ捕球の仕方について

自分の守備位置に打球がきたら、その打球に対応・捕球し、すぐに腕をトップの形にしてすばやく送球しなければなりません。そのためには柔軟なステップ&スローイングが要求されます。 捕球は出来るだけ目の高さを低くするようにします。…

キャッチボールの基本について

野球の絶対的な基礎練習となるキャッチボールですが、ただボールを投げるだけではありません。正しい投げ方と腕の正しい振り方を意識しながら練習させましょう。相手にきちんと投げてこそキャッチボールです、そのためには正確なコントロ…