しなやかなグラブさばきを身につける練習

ノックを多く受けることで、自然にバウンドに対する適応能力は高まります。ですが、ノックは一人ではできるわけではありませんし、場所などの制約もあるので、気軽にいつでもどこでもできる練習ではありませんね。

そこで、壁を相手にするか、二人一組になり、左右の手前でワンバンドするように球を投げます。最初は、近い距離から軽いトスからはじめ、徐々に距離とスピードを上げていってください。

捕球する際は、両ひざをついた状態で行います。 ボールのバウンドにあわせて、腕は力を抜いて頭の上までゆっくりと真っすぐに上げ、腕を下から上に上げながら捕球をし、腕は力を抜いて頭の上までゆっくりと真っすぐに上げ、体の真横で上下させ、前や後ろにあまり動かさないようにしましょう。

この練習に慣れたら、しゃがんだ状態からボールの方向にひざを送りながら捕球してみましょう。 内野手だけでなく捕手の練習としても 非常に効果のある練習方法です。このしゃがんだ状態で捕球するという動作により、ひざの柔軟性と捕球時の重心移動の感覚をつかむことができます。さらに慣れてきたら捕球後にステップを入れてスローイングの練習も行えるようにしましょう。

管理人イチオシ!梅原伸宏のグラブマネジメント~守備力向上~

160530-5

これまでに、広島カープや阪神タイガースのコーチから、直接、捕球や送球に関するテクニックを学び、これまでに、数多くの野球少年を指導してきた梅原氏の守備上達ノウハウ。「プロ直伝の捕球、送球ノウハウ」など、これまでに無い、全く新しい上達法が、子どもでもスグに分かる、動画レッスンによって得られます。!