すばやくボールを握る練習について

グローブで捕球したらすかさず投げる方の手にすばやく持ちかえる必要があります。グラブでボールを取ったらすばやく握りかえるための練習として、両手を左右均等に開く練習をしてみてください。これはどんなところでも練習できるので、日常的に取り入れることで対応力が高まります。

また、ボールをすばやく握るための練習として、左右にトスしてもらってみましょう。重心を移動させて体の正面で取り、ボールをグローブで掴んだらすぐに親指と人差し指、中指を使ってボールの縫い目に指先をかけます。

万が一握った際に指先が縫い目に引っかからないという場合はボールの中心を握るように心がけましょう。そうすればどれか一本の指先に縫い目がかかるはずです。これはキャッチボールを数多くこなすことで自然に身につけることが出来るので、キャッチボールの際にもこのことを意識して練習しましょう。

 

管理人イチオシ!梅原伸宏のグラブマネジメント~守備力向上~

160530-5

これまでに、広島カープや阪神タイガースのコーチから、直接、捕球や送球に関するテクニックを学び、これまでに、数多くの野球少年を指導してきた梅原氏の守備上達ノウハウ。「プロ直伝の捕球、送球ノウハウ」など、これまでに無い、全く新しい上達法が、子どもでもスグに分かる、動画レッスンによって得られます。!