ゴロ捕球の練習法について

ゴロの処理は絶対にマスターしなければならない守備の基本ですが、「ゴロ」といってもボテボテだったり、するどい回転がかかっていたり、捕球が難しい状況もあるので案外ゴロの処理が苦手だという方も多いのというのが事実ですね。

ゴロの対策は、とにかく場数を積んでゴロの対応を体に叩き込むことです。ゴロの基本姿勢を身につけるためにノックやゴロを軽く転がしてもらい体の中心で捕球し、すばやくスローイングの体勢に持っていくという練習をひたすらに行いましょう。

ゴロの捕球体勢としては両足を肩幅よりやや広めに開き、重心を下にします。右足と左足を結んだラインを底辺とする三角形を作り、その頂点でボールを捕るというイメージで捕球しますが、その際に腰が高くならないように、グラブを持っている側の足を1歩前に踏み込みましょう。

練習の際には様々なバウンドや通常のゴロなどを投げてもらい、通常のサイズのボールと、ゴムボールや小さいボールを混ぜることによっても、より自然にボールに対する集中力を養うことができます。

管理人イチオシ!梅原伸宏のグラブマネジメント~守備力向上~

160530-5

これまでに、広島カープや阪神タイガースのコーチから、直接、捕球や送球に関するテクニックを学び、これまでに、数多くの野球少年を指導してきた梅原氏の守備上達ノウハウ。「プロ直伝の捕球、送球ノウハウ」など、これまでに無い、全く新しい上達法が、子どもでもスグに分かる、動画レッスンによって得られます。!