基本の守備位置

守備位置は状況に応じて大きく変えなければならないが、大きく分けると以下のとおりになる。大切なのは中途半端な守備位置に着かないこと。目的に応じてシフトを組んだり、どの塁でアウトにするのかを意思統一を徹底するようにしよう。

  基本的な守備位置    中間守備位置    全身守備位置

qq qqqqq

 

外野の守備陣系

q

外野はゴロに対しては基本的にあまり前に出るのではなく、内野手の間を抜けてくるゴロに対して確実に処理することを第一に考え、とにかく後ろにそらさないことが絶対条件。また、同じゴロの打球でも強いゴロは外野手の間を抜けることもあるので抜かれない守備位置を決めなければならない。長打を警戒しすぎて守備位置を深く守りすぎるとシングルヒットを二塁打にしてしまうこともあるので、状況に応じて守備位置を変えること。

 

 

 

管理人イチオシ!梅原伸宏のグラブマネジメント~守備力向上~

160530-5

これまでに、広島カープや阪神タイガースのコーチから、直接、捕球や送球に関するテクニックを学び、これまでに、数多くの野球少年を指導してきた梅原氏の守備上達ノウハウ。「プロ直伝の捕球、送球ノウハウ」など、これまでに無い、全く新しい上達法が、子どもでもスグに分かる、動画レッスンによって得られます。!