守備・捕球の基本

野球をする上では必ず守備をしなければなりませんね。そこで、このページでは守備をする上でここでは内野~外野における守備・捕球の基本について解説します。基礎なのでしっかり身に着けましょう。

まずはグローブ(グラブ)の使い方について解説します。グローブの中の指先は自然に、力を抜いて大きく開きましょう。その際に大きく開こうとすると指先に力が入ってしまったい、上手くグローブを使用できません。指を閉じすぎてしまわないように注意し、ボールをポケット内に当てるようにして受け止めるように捕球しましょう。

また、守備の際には力を抜いてひじが自然に下を向くような形で構え、手のひらはボールの方に真っすぐ向け少し内側を向いた状態にします。ひじを開きすぎたり閉じすぎたりすると、無駄な力が入り捕球の際にスムーズに腕を動かしづらくなりますので、腕の力を抜いた自然な位置で捕球するようにします。ひじの力を抜いて一番自然に円を描くことができる位置が自分に合った捕球位置です。

捕球時にはグローブと添える手でボールを挟み込むようにして、ボールに触れてから指を曲げてボールを握ります。球の勢いをしっかり受け止め、飛んでくるボールに正対気味にグローブを向けます。ですが、完全に正対させようとすると、手首が後ろに返ってしまいボールの勢いに押されやすくなりますのでご注意ください。