グラブ(グローブ)の正しい使い方について

「グローブは両手でしっかりとる」とよく言われますが、グローブのポケットはボールが入ってくると下にボールが抜けるような構造に作られているそうです。 そのため、ポケットで取ったボールは、すばやく抜くにはそのまま下から抜くのがコツです。そして、ボールがすばやく抜けるようにもう一方の手はグローブの近くに置くのが基本ですね。

グローブの使い方のポイントは、

◆グラブは片手で使うこと
◆一方の手は近くにおくこと

ボールは両手で取るのではなく片手でキャッチするのがが基本です。両手で捕るクセをつけてしまうと、グラブの稼動範囲が狭くなって守備範囲が狭くなってしまうからです。しかし、片手と言ってもボールを体の正面で捕ることが基本であることには違いがないので注意しましょう。

グラブをはめていない手がグラブからやや離れた位置にあると、ボールをポケットで捕ったあとにボールを握るまでの動作が大きくなるので、分送球に時間がかかってしまします。また、捕球の際にボールをお手玉をする確立も高くなってしまいますので、片手を添えるようにしましょう。

 

管理人イチオシ!梅原伸宏のグラブマネジメント~守備力向上~

160530-5

これまでに、広島カープや阪神タイガースのコーチから、直接、捕球や送球に関するテクニックを学び、これまでに、数多くの野球少年を指導してきた梅原氏の守備上達ノウハウ。「プロ直伝の捕球、送球ノウハウ」など、これまでに無い、全く新しい上達法が、子どもでもスグに分かる、動画レッスンによって得られます。!